華と贄【供物編】

「熱く蕩けた肉が儂の魔羅を食い締めておるわい」
足を肩に担がれ、深々と埋め込まれた巨大な肉塊。
令夫人、美人キャスター、秘書が次々に生贄に。
夢野乱月の最高傑作、完全版となって堂々刊行!

タイトル 華と贄【供物編】
作者 夢野乱月
出版社 フランス書院
シリーズ 華と贄【供物編】
ジャンル
カテゴリー
発売日 2021年12月17日

関連記事

WEB SERVICE BY FANZA
ページ上部へ戻る