児島美ゆき 68歳、女ざかり

全国にスカートまくり旋風を巻き起こしたお色気映画『ハレンチ学園』が公開されて50年。多くの男性に憧れを抱かせ虜にした女優・児島美ゆきが世の中を元気づけるため、68歳にしてフルヌードに挑む。50歳の時に撮影した2003年発売の写真集『陽炎』からの一部カットも収録したメモリアル写真集がここに完成。

こじま・みゆき
1952年生まれ、東京都出身。13歳から児童劇団に所属し、●校3年生の1970年に映画『ハレンチ学園』のオーディションに合格。主演の柳生十兵衛こと柳生みつ子役で女優デビュー。81年のTVドラマ『北の国から』では、ホステスのこごみ役で再び世の男性を魅了し、『ガラスの知恵の輪』(82年)では萩原健一の恋人役を好演。2019年『やすらぎの刻〜道』に出演のほか、映画や舞台、歌手活動などで活躍中

タイトル 児島美ゆき 68歳、女ざかり
収録内容 65ページ
女優 児島美ゆき
写真家 山岸伸
出版社 小学館
シリーズ 週刊ポストデジタル写真集
ジャンル
カテゴリー
発売日 2020年05月11日

関連記事

WEB SERVICE BY FANZA
ページ上部へ戻る