首斬りのあとに

中山謹一郎は南町奉行所の同心。死刑に処せられる罪人の首を斬る役目を担当していた。いくら罪人相手とは言え、誰しも自分の手で人を殺めたくはない。みな敬遠していたが、謹一郎はその仕事から逃げなかった。しかし、なぜか首切り後は異様なほど淫欲が高ぶってしまう。謹一郎は一種の厄落としのつもりで、斬った人数の回数だけ女を抱くことにしていた。最初は妻に欲望をぶつけていたが、第二子を出産した後、妻は体調を崩し、寝たきりになってしまった。これでは謹一郎の淫欲に応えられないと妻は妾をもつように提案してくる。謹一郎はその提案を受け入れた。奉公人を斡旋する口入屋が紹介してくれた女の名はお悦。美貌でなくとも構わなかったが、美人の範疇にはいる容姿だった。目は大きく、唇の形がどことなく男の欲情をそそった。その後、謹一郎は斬首するたびにお悦を抱き続けるが……。

タイトル 首斬りのあとに
作者 佐藤ヒロシ 相原晋
出版社 辰巳出版
シリーズ 首斬りのあとに
ジャンル
カテゴリー
発売日 2017年05月12日

人気成人映画

関連記事

ABOUT

manager-icon

「破天荒BOOKS」はエロ漫画、美少女ノベル、官能小説、アダルト写真集など、人気の電子書籍の新着情報をご紹介する、成人向け電子書籍専門の総合情報サイトです。なお、当サイトはアダルトコンテンツを含むため、18歳未満の方のご利用はお断りします。

[PR] スポンサードリンク

WEB SERVICE BY FANZA
ページ上部へ戻る